スキーバスの途中休憩で注意すべきこと

夜発のスキーバスを利用するときは、途中休憩で立ち寄ったパーキングエリアで、迷子にならないように注意しましょう。


これは、ないようで、意外にありがちなことです。

スキーバスには社内トイレもついていますが、途中休憩で立ち寄るパーキングエリア内の手洗いを利用したくなるものです。


エコノミークラス症候群になることを防ぐためには、それは有意義なことですが、バスに戻れなくなる可能性もありますので、前もって用心しておくことが大事です。

車を運転する人はあまり心配することはないでしょうが、車の運転をしない人や、方向音痴であると言われたことのある人は注意が必要です。夜間は周囲が良く見えないため、街灯がついているとはいえ、ランドマークのようなものを把握するのが難しい状況です。

バスを降りて手洗いに向かうときは、一度反対向きになって、バスに戻るときに何を目印にすればいいか確認しておきましょう。

途中でも何回も振り返って、携帯で撮影するなり、メモをとるなりしておくことです。辺り一帯には、同じようなバスが数え切れないほど停まっています。

単調な光景であるため、その中から自分のスキーバスを見つけられる対策を事前にとっておくことです。

スキーツアー情報は必ず役に立ちます。

手洗いからバスに戻るとき、それまでと反対側から周囲を見ることになるわけですから、印象や記憶だけでバスに戻ることは困難です。

livedoorニュースサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

バスが1台だけあるのとはわけが違います。


50台以上も同じようなバスが停まっていることも多いのです。